事務所の活動日誌

2015年9月11日 金曜日

特養の入居

 特養とは、特別養護老人ホームの略で社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。特養は公的な施設のため低料金で利用できます。
 財産が少なく1人暮らしが困難な方は特養の入居を検討するのですが、低価格で施設内での介護度が高いため、常に入居待ちの状態にあります。数百人待ちのホームも、決して珍しいことではありません。現に私の被後見人は介護度4にもかかわらず3年近く入居を待っています。後見人が就いている方でも特養の入居は難しいのです。



お問い合わせ 行政書士:佐藤浩史が担当しております。