事務所の活動日誌

2014年11月28日 金曜日

エンディングノートを書くメリット

前回のブログで述べたエンディングノートを書くメリットついて述べたいと思います。

メリットですが、まず1つは安心感がある点です。自分に突然死が訪れた時、困るのが「家族に何も伝えることができない」ということ。エンディングノートを書くことにより、死後について家族に伝えることができます。万が一の場合に備えることで安心して今を過ごせることがメリットの1つと言えるでしょう。
次に、自分の人生を見つめなおすきっかけになる点です。エンディングノートにはご自身の人生の歴史を書くことがあります。ご自身の人生の歴史をつづっていくことにより、エンディングノートが備忘録の役割を果たすことがあります。
最後に、残されたご家族が助かる点です。お葬式の経験がある人であればお分かりだと思います。葬儀の際はさまざまなことを短時間で決める必要があります。そんなとき亡くなった方のご希望が明確に分かるものがあれば、遺族にとってこれほどありがたいものはないでしょう。


記事URL

2014年11月20日 木曜日

エンディングノート

遺言書の作成を受任するとき依頼者からエンディングノートについて質問されることが最近増えました。
簡単に言うと「エンディングノート」とは、自分にもしものことがあった時のために、伝えておきたいことをまとめておくノートのことです。

エンディングノートは遺言書と異なり、形式、書式等がないため自由な事が書けます。例えば、自分の死後飼っていた犬の世話のお願い、葬儀や延命治療の指定など遺言書では認められない事項について書くことができます。
ただ、当然ながら遺言書と異なり、法的効力は生じません。すなわち、エンディングノートを書いたらからといって、その内容が
実現するとは限らないのです。

法的効力が認められないエンディングノートですが、自分の意志を伝えることができなくなった時に「思いを伝える」ことができる、
とても大切な役割を果たしてくれるノート。それがエンディングノートといえるでしょう。

次回は、エンディングノートを書くメリットに述べたいと思います。



記事URL

2014年11月14日 金曜日

後見人の業務

後見開始の審判が確定すると、裁判所から後見事務計画書と財産目録を提出するよう指示があります。裁判所は提出期限を指定します。この期限は審判が確定してから1ヶ月半ほどが多いようです。
さて、11月下旬のお電話によるご相談が容易な時間帯を記載します。

・11/17(月)10:00~12:00
・11/18(火)10:00~12:00
・11/20(木)10:00~12:00
・11/21(金)15:00~17:00
・11/25(火)10:00~12:00
・11/27(木)13:00~15:00
・11/28(金)15:00~17:00

お気軽にご連絡ください。

記事URL

2014年11月 7日 金曜日

預貯金の一本化

被後見人さんの預貯金口座を一本化するため本日は各銀行に行き不要な口座を解約しました。被後見人さんの財産を管理する者にとっては預貯金口座を一本化するのが合理的です。被後見人さんはご年配の方なので不要な口座が3つあり解約するのに半日程要しました。
もちろん普通預金口座の解約で定期預金は解約しません。

記事URL

2014年11月 1日 土曜日

霜月

今年も11月にはいり、あとわずかで1年が終わります。3連休の初日が雨となりましたが、/2/3は晴れるようですね。
さて、11月上旬のお電話によるご相談が容易な時間帯を記載します。

・11/4(火)10:00~12:00
・11/6(木)13:00~15:00
・11/7(金)13:00~14:00
・11/10(月)10:00~12:00
・10/11(火)13:00~15:00
・11/13(木)10:00~12:00

ご遠慮なく連絡ください。

記事URL

お問い合わせ 行政書士:佐藤浩史が担当しております。