事務所の活動日誌

2015年11月 3日 火曜日

トランクルームの利用

 私が任意後見契約をしている方で、今まで有料老人ホームに入所している方がいらっしゃいましたが、体調を崩してしまい、病院に長期入院することとなってしまいました。ご本人やご親族の方とも相談しましたが、契約している有料老人ホームに戻る見込みは難しそうという判断で有料老人ホームは解約することになりました。
 ご本人の入院については手続きも含めて無事に先に済ませましたが、ホームにある荷物をどうするかという問題が出てきました。仏壇やタンス、テレビなどがありますが、病院には持ち込めません。いろいろ検討した結果、トランクルームを利用することにしました。最近はこのような保管場所については増えてきており、インターネットでもいろいろと探すことが出来ます。預ける荷物の大きさも事前に確認して、どのくらいのスペースが必要かについて見積もりをしました。
契約先を決めて、当初はご本人のお名前で申し込みをしたのですが、結局、90歳以上だと契約出来ないということで、私の名前で契約することになりました。なんとか無事にトランクルームの鍵を受け取り、先週、無事に荷物の搬入作業も済ませました。

(巴陵担当)





お問い合わせ 行政書士:佐藤浩史が担当しております。