事務所の活動日誌

2015年12月 9日 水曜日

老健へ入所

先日、被後見人が老健に入所致しました。

老健とは、介護老人保健施設の略で、
介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために、医師による医学的管理の下、看護・介護といったケアはもとより、作業療法士や理学療法士等によるリハビリテーション、
また、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスまで併せて提供する施設のことです。

被後見人は現状独居生活が著しく困難の為、自宅での生活を可能とする目的で老健に入所しました。
期間は3ヶ月で延長も可能ですが、3ヶ月で自宅復帰できるといいですね。

(担当:佐藤)



お問い合わせ 行政書士:佐藤浩史が担当しております。