事務所の活動日誌

2015年12月24日 木曜日

ショートステイ

年末年始の8日間、被後見人がショートステイを利用することになりました。

ショートステイとは、施設に短期間だけ入所して、食事や入浴といった生活援助サービスや機能訓練を受けるサービスのこといい、利用できる期間は1カ月で最長30日までとなっています。

年末年始はヘルパーさんの利用が困難であること、被後見人は親族がおらず施設いたほうが安全であることがショートステイを使用した理由です。
ショートステイは人気が高く年末年始の利用は難しいかなと思いましたが、利用できて非常に助かりました。

(担当:佐藤)

お問い合わせ 行政書士:佐藤浩史が担当しております。