事務所の活動日誌

2016年1月 8日 金曜日

介護保険負担限度額認定証

 介護保険施設やショートステイを利用したとき、原則として食費と部屋代は自己負担になりますが、一定の条件(所得や資産等)を具備する方は、自己負担額が軽減されます。
 「介護保険負担限度額認定証」は、この軽減対象であることを証明するもので、お住まいの区の区役所保険年金課へ申請をいただくと、対象となる方に発行されます。

年末年始にショートステイを利用した被後見人は、一定の条件を具備するので、通常料金よりもかなり安い料金で利用することができました。

(担当:佐藤)


お問い合わせ 行政書士:佐藤浩史が担当しております。